優勢民営化!

選挙結果、凄かった。
激震が日本列島を襲った感じですね。
自民党がこんなに強くなるなんて、小泉さんも驚いていることでしょう。
それだけ、国民が政治に関心を示しかつ、日本を動かして欲しいと願ったのでしょう。
私自身、郵政民営化には賛成です。なので選挙結果には満足ではあります。
ただ、与党だけで、2/3を確保したことは、慎重に今後を見守る必要があると思います。
見守っても国民は何もできないのですが、今後自民党は大きな力を手にし、自身の裁量で多くの法案や、政策を決定できるようになりました。憲法改正までも視野に入ってきました。
私は必ずしも憲法を改正する必要は感じませんが、時代にそぐわない条文もあることは事実です。こじつけにより合憲とされていることも多々あります。憲法改正に当たっては国民投票が伴うので、国民の支持を得られるかは難しいとは思いますが、やるとしたら今しかないかもしれません。
また、今まで動きの遅かった政策や、法案が一気に猛スピードで進むことが予想されます。
それは喜ばしいことである反面、恐ろしいことでもあります。
痛みを伴う政治改革が本格的に始まるのはこれからかもしれません。
今まで苦しめられて来た人がますます苦しみ、生死が危ぶまれることもあるかもしれません。
改革、革命とは大きな犠牲が伴い理不尽なことも多々行なわれるものです。
われわれ国民は小泉さんにこれだけの力を与えた以上、どのような状況になっても受け止めざるを得ないことになるでしょう。
民主党は小泉政権になってから何も進んでいない、何もしてきていないと主張しますが、ハンセン病、拉致問題、道路公団、談合問題、郵政問題、などなど小泉政権によってかなり多くのことがなされてきたと思います。小泉さんには今まで以上に信念を貫いて、強者のみでなく弱者の立場、目線をも視野に入れて政治を動かしていただきたいと願ってやみません。
昨晩、寝る前に頭をよぎったフレーズ、「優勢民営化」日本語って本当に素晴らしい言語だと思います。同じ読みでも、たくさんの表現方法があります。他言語を知り尽くしているわけではないので断言はできないですが、全世界的にもかなり豊かな表現が可能な言語だと思います。
少なくとも英語よりははるかに。今後の日本の政治からは目が離せません。
[PR]
by bbsenshi | 2005-09-12 16:13 | その他