政治問題

参議院選挙が終わりました。
民主党圧勝という結果に今後の政権について連日ニュースで取り上げられています。
選挙の立候補者の中に自分の財を全て投げ打って本当に心から国民のためだけに
奉仕、貢献しようと思っている人はどれだけいるでしょうか?
毎日街頭演説をし、後援会や支持団体に頭を下げ、1千万近くの出費をしてまで
政治家になりたいと言うことは、それだけ見返りが大きいからに違いないでしょう。
政治家は間違いなく儲かるし、とてもとても最高に良い思いをすることができる職業なのです。
とても魅力的で何が何でも手にいてたい地位なのでしょう。
政治と金なんて絶対に切り離せるわけありません。
街頭演説やセミナー、講演会でいくらきれいなことや素晴らしい発言をしてもまずは
自分が良い思いをしないと何のメリットもないし、活力も湧かないことでしょう。
選挙に当選し少し落ち着いたらまずは私利私欲を肥やすことから始めるのが政治家であると
思います。
本当に国民の国民による国民の為も政治を実現させるためには政治家を一番
なりたくない職業にするしかないと思います。
誰も、自ら進んで立候補などしたくないような魅力的でない職業にすることが第一でしょう。
政治家は立候補するのではなく、期待され、信頼された人が周りから強く推薦され
イヤイヤやるようなクラス委員や生徒会長のような職業にすることが理想だと思います。
その為には法整備が必要ですが、いい思いをしている議員様たちが自分達がいたくなくなる
ような法案をわざわざ作ることは絶対にないでしょう。
でも、以上のようなことを私見としてブログに書ける国であることを考えると
人権が保障された良い環境が整った素晴らしい国であることは間違いないと思います。
あまりにも過度な利益を得るようなことが無ければ、まともな法案や国政によって
舵取りをしていける政治家や政党がおのずと繁栄していくことと思います。
まずは、借金をなんとかしないとですね。
考えると本当に気が重くなります。・・・・・・
[PR]
by bbsenshi | 2007-08-03 23:18 | その他