自分の可能性。

5月も終わりに近づき新入社員達もいろいろ考えはじめる時期だと思います。
この会社でよかったのだろうか、自分の就職の選択は間違ってなかったか。
あるいは今の環境がつらくて逃げたしたい、これから先に希望が見えない。
反対に少数かもしれないけれど社会人になったうれしさや、仕事の充実感を
感じている人もいると思う。
環境が変わるということはすごいストレスと戸惑いエネルギー消費を伴うものだ、
自分に合った仕事に就けている人が世の中どれ程いるだろうか?
自分に合っていると自分自身が心底納得して幸せだと思いながら仕事をしている人は
どれ程いるだろうか?
少なくとも私の周りで天職に出会えたと生き生きと語っている人は一人もいません。
きっとどんな仕事に就いても仕事である以上、いろいろな局面に対峙し苦しむものだと
思います。
その中でも自分を信じられるのは自分だけだし、行動を起こすのも自分自身、周りの人は
親身になって相談には乗ってくれるかもしれないけれど、最終的に判断するのは
自分自身。
少なくとも自分で自分の可能性を潰したり評価を低くするのは避けたいことだと思う。
自分が自分を認められなかったら他人から認められることなどないように思う。
[PR]
by bbsenshi | 2007-05-28 16:20 | その他