5月にUstreamで
ももクロ24時間テレビが放送されました。

5人のメンバーの内、フル出場できたのは
18歳以上の3人、終了間際のライブ会場への
移動時間を除き、20時間以上出演していた。
仮眠時間までサブカメラにて映されるという
プライバシーもなにも無い環境で
いつもと変わらない、そのままの素のももクロちゃん達が
そこに居ました。

印象的だった場面をいくつか思いかえすと
深夜の西武ドーム観戦が楽しかった。
彼女達は自分が主役のライブでありながら
まるでモノノフのように、無邪気に踊って歌って楽しんで
いました。
聞いた話によると多くのアーティストは自分が出演・出場したライブやドラマを
次の仕事への研究として以外で、楽しんで観る事はあまり無いらしい。
もちろん人それぞれではあると思いますが
確かに自分が仕事をしている様子を映像で観てもあまり楽しくないと言うのも納得できる。

しかし、ももクロは例外であたかも当事者でないように、他人事のように楽しんでいた。
その様は、取り繕った建前のものではなく、本心から楽しんでいる様子が伝わってきました。
ここにも、ももクロが大きな魅力を放つ要因があるように感じました。

つまり彼女達は自分が主役のももクロの一員でありながら、そんな自分達を
モノノフのように俯瞰した目線で観ることもでき、また、そのイベントを楽しむこと
もできる。自分達の立居地を出演者に固定せず、観客にさえなることができる
そんな、柔軟性と謙虚さと自由さが、さらに彼女達の人間性を引き立てているのだと
思う。
ももクロは芸能人から好かれると聞く、いつも精一杯の笑顔と誠意で人と接し
分け隔てなく応対できるからだろう。

まさに裏表がない、素でいられること
そんなももクロの素敵な一面を改めて感じる場面でした

e0034272_1104224.jpg

[PR]
オズフェス出場について

西武ドームで発表のあった異色イベントへの参戦
先の記事で述べたように
まさに、紛れも無いアウェイ戦。
後に川上Mが言っていたのを聞いて知りましたが
だいぶ前にオファーがあり、出場が決まっていたらしい。
さすが、息つく間もなく課題を用意する運営陣。
モノノフの不安と期待も最高潮になること間違い無しの
期待が膨らむイベントだった。

当日、私は参戦できませんでしたが、某まとめサイトの
コメント欄で間接的にその晴れ舞台に参加することができました
現場にいるモノノフからリアルタイムで報告が入り
ツイッターで川上Mの意気込み、煽りを目にし
現場にいなくても、肌に伝わってくる臨場感
本当に素晴らしかったです。

後にももクロchanで当日の様子を目にしましたが、
本当に輝いていました
言葉で表現するのは難しいく
全く場違いの出場者のように思われましたが
実際に登場すると凄く溶け込んで馴染んでみえる
違和感を感じるかは人それぞれだと思う、
でも、少なくとも私の目には現場の一体感が、はっきりと伝わってきました。
「今目の前にいるのがアイドルだ」夏菜子の煽りが神々しい
れにちゃんの炭酸飲料一気飲みからの黒い週末
最高の演出でした。
メタルやロックにはあまり詳しくないが、根底にあるものに
共通するものを感じます。

分け登る ふもとの道は 違えども 同じ高嶺の月を見るかな

アイドルはアイドルだけど
やっぱ、ももクロっていいよね

e0034272_16225952.jpg

[PR]
我らがリーダー、百田夏菜子
お誕生日おめでとう
10代最後の一年、さらなる活躍を期待しています。

e0034272_7244990.jpg


さて、通算7回目独占ももクノ60分が先日富士急ハイランドで行なわれました。
7月7日に7回目のももクノ、素敵な響きですね。
猛暑の中、充実したイベントが開催されたようです。
私は参戦できませんでしたが、上球maxxあり、MILKYWAYありと
ももクロの魅力を存分に楽しめる内容だったようです。
通常の戦闘モード全開のライブも、もちろん最高ですが
ももクノは派手な演出無し、ラフな衣装で、素のままのももクロを
前面に出す、モノノフとももクロの距離がぐっと縮まるイベントだと思います。
収容人数がマックス5000人規模なのは、イベントの趣旨を反映し配慮されているからだと
思われます。
私は残念ながら、まだ一度も参戦したことが無いですが
行ってみたいです。
そんな、ももクノの中でも、四国、香川県の音楽広場テアトロンで行なわれた
第4回がお気に入りです。
ももクロchanの映像で観ても、現場の開放間、一体感、ももクロちゃんの
輝きがとても良く伝わってきました。
通常のライブが戦闘モード全開なのに対して
ももクノは放課後、一緒に遊ぶような緩い感覚があります。
遊び心満載で、出演者も自由に空間を楽しんでいる様子が
モノノフとの距離を狭め、ますます、現場の空気を暖かいものに変化させます。
今後も是非続けて欲しいイベントです。
そして、地方公演も期待できるこも、大きな魅力だと思います。
[PR]
e0034272_22265119.jpg

先日のMTVイベントでサラバが振り付け賞に輝きました。
いまやももクロを代表する曲の一つですが
この曲は去年のももクロを語る上でも重要な位置づけにあると思います。

初のドラマ主題歌
ミュージックステーション初出場
紅白歌合戦初出場
いずれもサラバが歌われました。
それらの理由として
作曲家がビックネームであること
発表されたタイミングが西武ドーム成功後、躍進続ける2012年後半であること
振り付けがなんとも個性的で魅力的であること

この曲が選ばれる理由は枚挙に暇が無い

ももクロらしさをしっかりと根底に持ちつつ
新しい挑戦、心情、葛藤、勢い
さまざまな感情を感じられる
魅力的な歌であると思う。

また、歌詞からも
ももクロのものすごいスピードによる
成長をしっかりと踏み固め
未来へ向う決意や姿勢が感じられるのも
特徴的だと思う。

天使と悪魔
喜びと悲しみ
楽しさと苦しみ
このタイミングで陰と陽のバランスを
あえて示したように感じられました。

e0034272_22272420.jpg

[PR]