やってしまいました。
最近バイクのスキルアップのために自主トレを強化していました。
先日いつもの朝練中に停車時からのフルステアフルバンクでのUターン時に
エンストしてしまい、そのままバイクを倒してしまいました。
非常にショックでした。
前回所有していたVTR1000Fでは一度も倒したことがなかったので、ブロス以来8年ぶりくらいの立ちゴケでした。
フルカウルのバイクはちょっと倒してしまっただけでもすぐに傷がついてしまいます。
せっかく無傷のピカピカだったのにごめんねVFR。
傷物にしてしまいました。
ブレーキレバーはストックしてあったので取替えました。
お金にゆとりができたらカウル等新品に取り替えることを誓い、また練習に励んでおります。

e0034272_9275816.jpg
e0034272_9281940.jpg

[PR]
by bbsenshi | 2007-08-30 09:28 | バイク
e0034272_001998.jpg
AK47と聞いて何のことだか変わる人が日本にどれくらいいるだろうか?
男の子だったら耳にしたことがあるかもしれないが女の子はまず知らないと思う。
日本がいかに平和で素晴らしい国であるかの証明でもあると思う。
AK47とは世界で一番人気のある優秀な自動小銃である。つまり、殺人のための道具である。
表題にある「AK47 カラシニコフ」とは友人に借りた本のタイトルであり、カラシニコフとはこの
AK47の設計者である。私は自分で読みたい本を探すこともあるが、友人にするめられた本を読むのがとても好きです。自分では見つけ出せない世界を見出せたり、見識の視野がものすごく広がるきっかけになることが多いからです。最近は勉強等でなかなか読む時間を確保できなかったのですが、試験を終えて一段落したので、読みたかった本を毎日読み漁ってます。
この本は衝撃的な内容でした。ノンフィクションの内容であり非常に考えさせられました。
AK47という銃がどれほど世界に大きな影響を与えたか、優れた構造の優秀な銃であったた
ために11歳の少女にも扱うことを可能にし多くの命を奪うことを可能にしてしまったこと。
銃という暴力の象徴が、人間の一部となり、国家まで崩壊させてしまうこと。
この様な惨劇が僅か数年前に実際に起こり、今現在も争いが絶えることなく日々多くの人が犠牲になっているという現実。
我々はいかに平和で恵まれた素晴らしい環境で生きているかということ。
全世界的に見れば先進国と呼べる国は本当に少ない。それどころか国家として治安、公共施設、人権等が確立している国さえ少ないのかもしれない。
アジアの小国であり、世界を代表する先進国に住んでいると日常に追われ、当たり前に日々過ごし、世界的視野で物事を見ることを忘れてしまっているように思う。
我々は国家と言う境界線を作った中で共存しているが、地球温暖化のような環境問題や、資源、食料、人権等全世界規模で考えざるを得ない問題が山ほどある。
そのような問題には国家という枠を取り払い地球全体として一丸となって取り組まなければいけない。そんなことは誰でもわかってるはずなのになぜできないのだろうか?
先進国で素晴らしい教育を受けている我々がもっと世界に貢献できるよう、国家が自ら進んでその道を広げていくことが必要だと思う。
発展途上国に対し、お金を支援するだけの低レベルな支援はやめて、もっと意義のある支援を進めていく必要を痛感している。相手を間違えればお金の支援は一部の人間の私利私欲を肥やし、銃火器となって弱者の命を奪っているのだから。
もう、過去の話になってしまったが、イラクへ行った日本人が拉致され人質になった事件があった。その時拉致された、彼らは全国から避難された。迷惑をかけた部分は結果的にあったけれど、彼らの行動はとても評価に値すると思う。危険を顧みず自ら進んで地域に貢献したいと思う純粋な気持ちはすばらしいし、そういう志を持った人間をこれからどんどん増やしていかなければならないと思う。
日本中で自殺が後を絶たない、確かにこの国は精神的なゆとりが無く、日々追い込まれることが多くあり精神的にやられてしまうことはよく解かる。
でも、死ぬ覚悟ができたのなら一度死んだつもりになって世界に飛び込んで欲しい。
この素晴らしい国で教育を受けた国民はどこの国へ行っても大活躍できる、たとえこの国で落ちこぼれであっても、先生や経営者等のリーダー的存在になれる国がたくさんある。
せっかくある健康な体を殺してしまうのはあまりにももったいない。
日本に自殺したいと思っている人が、すぐに海外へ飛び立ち自分にあった活躍の場を見つけられるような、制度ができることを心から願っている。
[PR]
by bbsenshi | 2007-08-30 00:03 | その他
本日無事試験を終えました。
去年の九月夫婦で新たな目標に挑戦するにあたり
社会保険労務士を目指すことになりました。
二人で同じ日に試験を受けるのは大学の時以来でした。
ここ数日は家に篭って毎日13時間くらい勉強してました。
夏休みはどこへも行かず勉強に全てを捧げ今日の日を迎えました。
私は仕事が忙しく、休みもほとんど無かったので、予備校へは妻が通い
録音講義を私が少しずつ聞いて勉強しました。
一所懸命に頑張り、全力でぶつかるのは気持ちのいいものですね。
二人で清々しい気持ちで帰路に着きました。^^
合格発表の11月まで楽しみに待ちたいと思います。
e0034272_8271597.jpg
e0034272_8273750.jpg

[PR]
by bbsenshi | 2007-08-26 23:22 | その他
つい先日、日本の最高気温が更新された。
40.9度すごい気温である。芝生の上の観測機でこの温度なわけであるから
アスファルトの上では50度に近づく勢いである。
何十年ぶりの記録更新、今までの記録は自然界の偶然が重なって一時的に観測された
最高気温であったが、今回の記録は本当の意味での最高気温だったようです。
事実次の日もほぼ同じ40度以上が記録されました。
確実に温暖化が進行しているのを証明するかのようです。
北極の氷が異常な速さで溶け出しており、予想では30から40年後の解け具合が現実化
してしまったようです。
このニュースには本当に驚きました。白熊、アザラシ、ペンギンは住みかを失い
絶滅の危機にさらされてしまう。
ここ数年温暖化問題がものすごく取り挙げられていますが、遅すぎたような気がします。
人間が思っている以上の異常なスピードで温暖化が進んでいます。
後数年後には海面が異常に上昇し砂浜や海岸が変貌してしまうかもしれません。
どんなに警鐘を鳴らしてもこのスピードには対応できないでしょう。
どうすればいいのか本当に悩ませられます。
私用自動車の廃止や、電力の強制供給生産減等荒業的な政策を全ての先進国が
実施すれば状況に多少の変化をもたらすであろうが、その経済的影響は
甚大でしょう。今の世界情勢では不可能に近いことだと思います。
ただ、傍観しているだけでは辛いので我々ができる範囲で小さい抵抗を
はじめられたらと思います。
[PR]
by bbsenshi | 2007-08-20 22:37 | その他
気温は毎日絶好調、昨日は日本記録まで更新したのに、
それとは正反対にどんどん冷え込む株式市場。
世界同時株安で投資信託まで大暴落、あまりの下げ幅に目を覆いたくなる
苦しい日々が続いています。
いつかは必ず上がるとは思っていても目の前の損失がどんどん増えていくと
本当に精神衛生上良くないですよね。
一ヶ月前に売っておけばよかったと後悔している人が世界中にどれだけいるでしょうか。
そして、恨めしいサブプライムローンもう聞きたくもない言葉です。
聞きたくないのに食事中このニュースがながれ夫婦で思わず暗くなってしまってます。
投資はほどほどにしないといけないですね。
これを教訓に少し冷静に反省する必要がありそうです。
そういいながらも株価は今年の最安値を更新中、最高にお買い得な時期でもあります。
幸い国内株にはまだ手を出していなかったので、早速特定口座を開設し
貯金のほとんどを投入して来ました。
また、悩みの種が増えないことを祈ってます。
[PR]
by bbsenshi | 2007-08-17 18:44 | その他
参議院選挙が終わりました。
民主党圧勝という結果に今後の政権について連日ニュースで取り上げられています。
選挙の立候補者の中に自分の財を全て投げ打って本当に心から国民のためだけに
奉仕、貢献しようと思っている人はどれだけいるでしょうか?
毎日街頭演説をし、後援会や支持団体に頭を下げ、1千万近くの出費をしてまで
政治家になりたいと言うことは、それだけ見返りが大きいからに違いないでしょう。
政治家は間違いなく儲かるし、とてもとても最高に良い思いをすることができる職業なのです。
とても魅力的で何が何でも手にいてたい地位なのでしょう。
政治と金なんて絶対に切り離せるわけありません。
街頭演説やセミナー、講演会でいくらきれいなことや素晴らしい発言をしてもまずは
自分が良い思いをしないと何のメリットもないし、活力も湧かないことでしょう。
選挙に当選し少し落ち着いたらまずは私利私欲を肥やすことから始めるのが政治家であると
思います。
本当に国民の国民による国民の為も政治を実現させるためには政治家を一番
なりたくない職業にするしかないと思います。
誰も、自ら進んで立候補などしたくないような魅力的でない職業にすることが第一でしょう。
政治家は立候補するのではなく、期待され、信頼された人が周りから強く推薦され
イヤイヤやるようなクラス委員や生徒会長のような職業にすることが理想だと思います。
その為には法整備が必要ですが、いい思いをしている議員様たちが自分達がいたくなくなる
ような法案をわざわざ作ることは絶対にないでしょう。
でも、以上のようなことを私見としてブログに書ける国であることを考えると
人権が保障された良い環境が整った素晴らしい国であることは間違いないと思います。
あまりにも過度な利益を得るようなことが無ければ、まともな法案や国政によって
舵取りをしていける政治家や政党がおのずと繁栄していくことと思います。
まずは、借金をなんとかしないとですね。
考えると本当に気が重くなります。・・・・・・
[PR]
by bbsenshi | 2007-08-03 23:18 | その他