<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日山手線で長時間の運行停止がありました。
朝、埼京線の運転手が線路の異常に気づいたのがきっかけとなったわけですが、
走っている電車から目視で、50ミリの隆起を確認できるなんてすごいことだと思いました。
まさに、毎日何往復もしているからこそ気がつける異変なのでしょうね。
私も朝山手線でその線路を通過しましたが、特に気になる点はありませんでした。
結果として大きな事故にならなくて良かったです。
レーサーは自分のマシンのネジが2ミリずれているだけでも体感できるそうです。
そこまでマシンとシンクロして限界まで性能を引き出し操作しているんですね。
人間の感覚はすごいということをあらためて認識しました。
[PR]
by bbsenshi | 2006-04-25 06:23 | その他
今日の関東地方の天気は大荒れでした。
午前中は暴風雨で厳しかったです。
仕事で暴風雨の中バイクで走り回りました。
自分のバイクでは絶対に走らないの天候なので新鮮ではありましたが、
マンホールで後輪を滑らせるしかなりヒヤヒヤしました。
雨具も役に立たないほどの雨でした。
風邪を引いてしまっているのでかなり体に応えました。
[PR]
by bbsenshi | 2006-04-20 22:01 | その他
研修を終え今週から現場に出ています。
思っていた以上に過酷な職場でした。
まず、シフトの組まれ方にびっくりです。なんと日勤夜勤日勤というシフトがありました。
当初私は日勤で帰ってから次の日夜勤なのかと思ったのですがなんと、日勤に続けて夜勤そして夜が明けてからまた日勤ということでした。つまり9時間、16時間、9時間出勤をぶっ続けで勤務することになります。34時間労働です。時間通りに帰れることはまれなのでさらに四時間残業することを加算すると38時間労働です。休み時間は規定上ありますが、忙しくてゆっくり休める時間はありません。仮眠を1時間くらいとって食事も食べられる時に食べることになります。
まさに戦場のような忙しさです。
合言葉は「リゲインを超えた」です。24時間戦えますか?ではなく34時間戦いますです。
このくらい働くと安い栄養ドリンクでも身に沁みるそうです。
労働基準法完全違反ですね^^ 離職率の高さが理解できました。ただここで残った人は相当
レベルの高い人材だと思います。私もがんばります。^^
[PR]
by bbsenshi | 2006-04-20 06:53 | その他
仕事の研修で約5日間、研修施設にて過ごしました。
大変厳しく、新鮮で、貴重な体験をさせていただきました。
自分自身が自分を客観的に観察していろいろな発見がありました。
新卒の人も研修を受けていたのですが、彼らの不安げな表情や、ゆとりのなさがひしひしと
伝わってきました。
食事の時にある新卒研修生と同席になって、話したところ、「彼は、辛い、マック食いたい、酒飲みたい」と愚痴ばかり言ってました。私がこんな研修をしてくれる会社はないよ、大変ありがたい素晴らしい研修だよ、と言うと全然理解できないと言った表情でうなずいてました。
大人が子供に勉強しなさいと言ったり、何々をやりなさいとい言ったり、しますがそれは本当に
無駄なことだと思います。親が最短距離で苦労をしない道を教えてあげようとしても、自分から苦労する道を選択してしまいがちです。何事も体験し酸いも甘いも知り尽くしてこそ、あらゆることが理解でき、社会に貢献できる人間になれるのだと思います。理屈の上での最短距離を進む人生なんてぜんぜん面白くないと思います。どんどん失敗して、後悔してこそ、充実した人生の最短距離だと思います。
[PR]
by bbsenshi | 2006-04-16 01:20 | その他

皆様、5分と言われて長い、短い、どちらに感じられるでしょうか?
5分という時間に私は特別な思いがあります。
私の祖父が幼いころ良く口にしていた言葉は「5分あれば何でもできる。」でした。
幼い私は表面的にしかその言葉をとらえることしかできず、5分でできることなんて、たかが知れている。と捻くれた解釈をしていました。
大人になって見ると、この言葉の重さ、深さを身をもって感じます。そして良く思い出されます。
戦争の時代を生き抜いた祖父は非常に厳しい人でした。想像をはるかに超える苦難を乗り越えて生き抜いた人生でした。
その祖父が言った5分という時間の概念、人間はこれをしたい、しなきゃと思った時それは必ず達成できるし、実現できるものだということ、可否を決定しているのは自分自身であるということ。
5分しかないからできないと思うか、5分もあればできると思うか、この判断が人生に大きく影響する。
絶対にできるという確信をもって生きて行きたいと思います。
[PR]
by bbsenshi | 2006-04-05 00:18 | その他

近所を散歩してお花見をしてきました。
花が咲くまでは地味でほとんど目に入ってこない桜の木が、この短い時期だけ
最高に目立ち、輝きます。
桜は本当に特別な花のように思います。またその桜が一番きれいに見ることが
できる日本に居ることを心から幸せに感じる瞬間でもあります。
ほんの僅かな期間しか見ることができないので一年分見ておこうと思いながら
眺めてみました。
四月は不思議と新しいことが始まったり、終わったり、転機を迎える時期ですね。
私の生活も変化することになりました。
e0034272_22501248.jpg

[PR]
by bbsenshi | 2006-04-02 22:50 | その他