サラバについて

e0034272_22265119.jpg

先日のMTVイベントでサラバが振り付け賞に輝きました。
いまやももクロを代表する曲の一つですが
この曲は去年のももクロを語る上でも重要な位置づけにあると思います。

初のドラマ主題歌
ミュージックステーション初出場
紅白歌合戦初出場
いずれもサラバが歌われました。
それらの理由として
作曲家がビックネームであること
発表されたタイミングが西武ドーム成功後、躍進続ける2012年後半であること
振り付けがなんとも個性的で魅力的であること

この曲が選ばれる理由は枚挙に暇が無い

ももクロらしさをしっかりと根底に持ちつつ
新しい挑戦、心情、葛藤、勢い
さまざまな感情を感じられる
魅力的な歌であると思う。

また、歌詞からも
ももクロのものすごいスピードによる
成長をしっかりと踏み固め
未来へ向う決意や姿勢が感じられるのも
特徴的だと思う。

天使と悪魔
喜びと悲しみ
楽しさと苦しみ
このタイミングで陰と陽のバランスを
あえて示したように感じられました。

e0034272_22272420.jpg

[PR]