幕が上がる

今回は、各役について、スポットを当ててみたい。

まずは、私が推している、中西さん(有安杏果)
この映画に挑む彼女の姿勢は本当に素晴らしい。
相当な努力と時間を費やして役作りをしたであろうことが感じられました。
まず、有安杏果を完全に消しました。中西悦子になりきる。
女優として当たり前のことかもしれませんが、相当難しいことです。
しかもそれを有安杏果が大好きな我々に感じさせるのですからもう、至難の業です。
でも、それをやり切ったと思います。
印象的な登場シーン。転校してきて、さおりと、がるるの前でのセリフ「中西です」
後ろ姿からのカメラワーク、微動だにしない上半身と目線での演技。
完璧でした。
その後も、中西さんは目や表情で演技することが多いです。
目は口ほどに物を言う。まさにそんな印象を受けました。
夜のホームのシーンはもちろんですが、ユッコとの演技がとても印象的で
素敵でした。入部をする時のあいさつ場面での視線。そこからの歩み寄り距離感が縮んでいく過程。そして、屋上でのペンキを塗り合い「あいつ」を共有するところ。
極め付けは「いいチーム、みんな本当にいたがっている」このセリフが
以前、24時間ustで杏果が言った「やっぱももクロっていいよね」に共通するものを感じられて、涙が止まりませんでした。

e0034272_205613.jpg


ユッコ(玉井詩織)
現在発売されている様々な関連本でのインタビュー記事等で
彼女の映画へ想いに触れている。
シーンによっては彼女自身が本心から納得いかない場面もあったようです。
例えば、新宿の高層ビルを目の前にしたシーンでは、思い通りに行かず悔し涙を
流したそうです。
そう、しおりんは、優等生。なんでもそつなくこなし、平均以上の実績をだせてしまう
それゆえ、突き詰めて何かを極めるあるいは、表現することにハードルを感じることも
あるのかもしれない。

できない人は、それを克服するための術を人生を通して学び身につけていきますが、そつなくこなせる人はそういう蓄積が無い分、いざというときに実力を出し切ることが難しいのかもしれません。
それでも、私の目には、ユッコの演技は光る部分が目立ちました。先に述べた中西さんとの視線を交わすシーンや、共演していく過程で人間関係を構築していく様は、とても自然でかつ、彼女の素の魅力にあふれています。

さおりとのベッドの中での会話のシーンは、凄く自然で、人としての弱さや儚さがすごく
上手に表現できていました。さおりとの人間関係がユッコのセリフによって自然でかつ分かりやすく演じられていました。

さわやかのハンバーグを頬張るシーンはなんと幸せな瞬間だったことか。もう、最高に素敵な笑顔でした。

e0034272_2057155.jpg


明美さん(佐々木彩夏)
あーりんは、佐々木プロであることを世に示すことに成功したと思います。
リアル高校生で、これだけ自然に高度な演技をやり切ったあーりんは本当に凄いです。

日本の宝だと思います。将来が楽しみです。

なにかと取り上げられることの多い、肖像画のシーン。あれを一発撮りであのクオリティで演じられるあーりんは本当にプロです、いやプロ中のプロなのかもしれません。

そして、さおりとのシーンがとても愛おしです。さおりの後ろから抱き付いて、「大好き」とつぶやくシーンの至福感はたまりませんでした。大会で入選した時に喜びを全身で表現して、さおりに抱き付きキスするシーンも本当にキュンとします。

部員としては、後輩と先輩の間に挟まりつつも、現場で調整し、空気を創りだして行く様は、リアルあーりんの片鱗も垣間見られるような
役でした。何事にも本気で、常に客観的な視線を意識して、それでいて期待以上の結果を出す。流石とした言いようがありません。

e0034272_20573661.jpg


がるる(高城れに)
れにちゃんは、彼女らしいキャラクターをうまく、がるる役に落とし込んでいたと思います。
原作を読まずに観た方には、れにちゃんそのものだと思われた方もいると思いますが、
原作のがるるは、どこかれにちゃんに共通する部分があります。

なので、キャラクターを維持して上手に演じていると思います。

自由奔放な性格のように見せつつ、でも繊細な面もある。「やば~い」って叫びながら廊下を走る愛嬌あるシーンはとても可愛かったです。

でも、ちゃんと全体をみているのです。道化師役をかってでることもある反面、観なくてもよい、気付きたくなかったようなことにも意識がいってしまいます。その葛藤の中でどうやって輪を築いていくか。その健気な振る舞いに涙がでます。だれよりも気を配り、その懐に飛び込んでいける、高城れにの、がるるがこの映画をより深いものにしているように感じました。さおりのバースデーケーキを演じた姿もとても素敵でした。いいなぁ、がるる。

e0034272_20582644.jpg


最後にもう一度、さおり
エンディングでのクライマックスで緞帳を上げる為にカウントダウンする、さおりの表情は、まるで種子島のロケット発射のそれと重なる程の、オーラを感じました。
宇宙の果てまで行ける切符を持ている。
だから、我々はどこまででも行ける。
夏菜子さんのカウントダウンで発射された我々は
更なる高みとあり得ないところまで行ける勇気、希望を改めて実感することが
できた。
幕が上がると同時に、我々のさらなる歩みが始まった。
さぁ、彼女達と共に、未来へススメ!
[PR]
幕が上がる

本日、公開初日の朝一で観てきました。
人生でこれほど胸を躍らせて映画を心待ちにする経験は
何度しただろうか。
気分が高揚し、ワクワク感が心地よかった。
お決まりの映画開演前の宣伝の音を消したいくらい
目を閉じて、すべての情報を遮断してその時をまっていました。

以下、映画の内容にも触れますので、まだご覧になっていない方で
情報を目にしたくない方は、観賞後にお読みください。

e0034272_227526.jpg


幕が上がった
銀幕の中の彼女達はももクロではなかった。
そこにいたのは、全身全霊をもって青春にぶつかっていく
等身大の少女達。いま、この一瞬一瞬を踏みしめて、地に足をついて
歩んでいく姿があった。
そこには、不安、歓び、悲しみ、怒り全ての感情が混在し
それでも、未来への絶大な希望を抱き、成功を疑わない
そのまっすぐな瞳と情熱が余すところなく表現されていて
もう圧倒されました。

私はこの映画をとおして、高校生の自分に久しぶりに会うことができました。
様々な感情にとまどいながらも、未来への光を見据え
希望に満ちて生きていたあの頃。その先にいる今の自分は
けっして悪くはない。むしろあの時があって今がある
今の自分を客観的に見つめることへもつながりました。

さて、映画の内容で印象に残ったところに触れたいと思います。

まず、全編を通して夏菜子さんがもう、神々しいというか
本当に素晴らしいです。

e0034272_228111.jpg


一番好きなシーンはまっすぐ前を見据えて無言で廊下を歩いてこちらへ向かってくるシーンその姿には演技とは思えないほどの気迫、いや、あれは本物の百田夏菜子の
なにかが全身から湧き出ていて、どう表現してよいかわかりません。
ただ、そこには誤魔化しでもまやかしでもない。本物の彼女自身のオーラともいうべき気が溢れていました。
人はその立ち姿、歩き姿だけでもその人となり生き様が現れるといいますが
まさに、それを感じました。

吉岡先生が去ったあと、部員みんなに全国へ行こうと伝えるシーン
あれは、本物です。演技の一言で片づけることなど到底できない。
スクリーン越しでも彼女の気迫、想いが痛いほど伝わってきました。

彼女達にとって集客動員の大小で成功の可否なんて判断しない。
たとえ一人のモノノフの前でも7万人のそれと変わることはない。
だからこそ、成功という二文字にとらわれることもない。

ただ、この先の想像もつかないところへの不安や恐れは少なからずあるだろう
その想いが、さおりの口を通してしっかりと伝わってきました。

前後しますが、「とってもらわなくてもけっこうです」「責任」
このセリフはおそらく、彼女の今までの人生で実際に発した、あるいは
言葉にしなくても胸に刻まれた言葉なのではないだろうか。

映画では吉岡先生へ向けたセリフですが、そのままマネージャ、あるいは事務所の責任者へ向けられたリアルな言葉のように感じました。

おそらく、夏菜子さんをはじめ、ももクロのメンバーはかなり初期の段階で
この、覚悟を決めて、他力本願ではなく、あくまで自分自身の意思でここまで歩んできたんだということが、痛いほど伝わって涙が止まりませんでした。

そう、そういう決断と想いを何度も踏みしめて今があるんだと思います。
だから、アイドルの映画なんかじゃない。アイドルが片手間に演技をしているのではない。
本物の、等身大の人間がその人生をさらけ出して、そこから得たすべてをぶつけて
創った映画なのだと感じました。

彼女達とかかわった大人たちが、彼女達に魅了され、共感し、尊敬の念まで抱くのは
それが、逃げず、誤魔化さず、真向から真剣にぶつかっていく姿勢を身をもって感じるからだと思います。事実この映画に関わった多くの大人たちも撮影が進むにつれ彼女達のことを本気で仲間として受け入れ、皆が一丸となって映画の創作に力を合わせたことがそれを物語っていると思います。

皆で良い映画をつくろう。歴史に残る、人の心に刻まれる、どこまでも無限の可能性を感じられる。そんな素晴らしい映画をつくろう。この映画の製作に携わった、すべての人のそんな魂をしっかり感じられる映画だと思います。

今日初めて観ましたが、一人でも多くの人に観て欲しい。いや、きっと多くの人に観てもらえる。そう確信しています。
つづく
[PR]
今年も待ちに待った、胸躍る大イベント
ももクロ夏のバカ騒ぎに参加してきました。
私は27日のみの参戦でした。
開演前に天気予報通りに雨が激しく降り始め
予定時刻を1時間押してライブ開始
もう、踊る心止まらないといった心境でした。
開始と同時にボルテージはぐんぐん上がり
心待ちにしていた、元気なももクロちゃん達に会えました。
e0034272_16312.jpg

私は今回着席シートを申し込みました。
着席なら長いライブ時間になっても妻が快く付き合ってくれます。
当初は暑くて日産自体に行かないと言っていたので今後のことを
考えて下見的な意味合いで申し込んでいましたが
同伴予定者がキャンセルになり、妻を誘うことになりました。
結果として着席シートにして良かったです。
シートの位置はスタンド2階席の最前列でした。
全体を気持ちよく見渡すことができ
死角がなく、とても見晴らしの良い席でした。
着席シートはやはり、少し大人しい方が多いようで
ウリャノフは私だけでした。
大声でウリャと叫んでる姿にきっと周りは
なんで座ってるんだと思っていたに違いありません。
サイリウム両手に全力コールしてましたが
気持ちよく参戦できました。
ただ、流石にチャイマの時は体が疼いて仕方有りませんでした。
今後に備えて着席チャイマの練習をしないとですね。

ライブは、祭りをモチーフにした夏全開の内容
ももクロの夏、日本の夏って感じでした。
もう、ももクロちゃん和の雰囲気が最高に似合います
このまま2020年の東京オリンピックに出てほしいくらい
素敵だと思います。
オリンピックを意識しているんではないかなと思いました。
セーラームーンの主題歌「ムーンプライド」の完成度も高く
次々と刺激的な曲が続き最高に楽しい時間が過ぎていきました。
気が付くと本編終了
アンコールとなりました。
e0034272_1651234.jpg

 5億円のセットを組んだと聞いて期待していましたが
私個人の意見としては、あの神社にそこまでのコストをかけなくても
良いように思いました。
演出上特別な位置づけもなかったですし
もっと簡略化してもよいように感じました。
人のとらえ方はそれぞれですから
逆にあの神社最高!!という方の意見も聞いてみたいです。

去年の日産と比較したら、相当良くなっていると思います。
中だるみもなく、最後まで曲を続けてくれたのは
このスタイルが定着してきた表れであると感じられ安心しました。

国立という大きな目標を達成して
次の「ありえない所」を目指すことになりましたが
これからどんなステージを見せてくれることになるのか
とても興味深いです。
先日のステージを見て思いましたが
ももクロちゃんには、大げさな演出は必要ないと思います。
彼女達自身だけで凄いパフォーマンスを見せてくれます。
運営には勇気をもってシンプルな演出を心がけるようにして欲しい。
アーティスト自身だけで勝負するのはとても怖いことかもしれないですが、
大丈夫彼女達なら例えどんな質素な舞台でも
最高の輝きを放つ、神々しいライブに変えてみせます。

私は、NHKドラマ「天使とジャンプ」の最後の銭湯ライブが大好きです。
とても愛おしさを感じるライブで、本当に言葉に言い表せられない魅力があります。
このシーンは今でも頻繁にみています。本当に素晴らしいです。
日産でも「JUMP!!!!!」期待していましたが、観られませんでした。
あれを是非、見せて欲しい。その日が来ることを楽しみにしています。

e0034272_166054.jpg

[PR]
想いを繋いだ国立
笑顔の天下をとった国立
ももクロとモノノフの歴史的瞬間に
参戦することのできた喜び

国立2daysを表現すると前述の言葉が浮かびました
36年間生きてきてこんなすごい感情を
覚えたことはありません。
じっとしていても体の芯からじわじわと
何かが疼くのです。
とても幸せです。そして感謝の気持ちに溢れています。
何万もの人間をこんな気持ちにさせるなんて
ももクロちゃんはまさに紛れもないヒーローだと
改めて実感しました。
そして驚いたことがあります。
入口出口を始め過去の音源を聞くと
国立前にはなかったものを感じるのです。
過去の音源はその時に決まったもので
どうやっても変えられないものだと思っていました。
ところが、国立後に聞くと
今までと全く違う感覚が湧き出てきます。
うまく表現することができないですが
歌詞の一句、音のひとつひとつが違って聞こえています。
そして、震えるほど熱い感情が湧きあがります。
そう、受け側の私の感受性がまるっきり変わってしましました。

まだ読まれてない方もいらっしゃると思いますが
「ももクロの美学」という本があります。
著者の安西さんは若くして先日亡くなられてしまいました。
国立のライブを見ているとき、ふと彼のことが
頭を過りました。きっとあの空の向こうから
このライブを楽しんでいるだろうなぁと
安西さんだけではなく、震災を始め、無念の末、命を失ったモノノフも
きっと天国で涙を流しているように思います。
この、奇跡の5人のライブはもう生死を超えて
多くの魂に想いを刻んだことと思います。
本当になんということでしょう
同じ時代に生まれて国立の舞台を共にできたことに
こころから感謝しています。

あともう一つ、私はずっと、初期のももクロに会えなかったことに
後悔の思いがありました。
幼馴染が教えてくれたあの日にももクロの現場に行かなかった自分を
責めました
でも、今回の国立ライブでそんなことはどうでもよくなってしまいました。
だって、ももクロちゃん、一度も過去を顧みることなどしない
いつだって、前しか向いていない
そして、ありえないところへ向かって一緒に行ける。

そう確信しました
今、この瞬間にももクロとアダノフ、杏ノフをはじめ
モノノフの皆さんと一緒にいられることが
一番大切で掛け替えのないものだと感じました。
e0034272_23552326.jpg

[PR]
e0034272_21124936.jpg

TPDと聞いてピンと来る方はどのくらいいるだろうか?
東京パフォーマンスドールの略だが
私が高校生くらいだったころ初代TPDが活躍していました。
そのころファンではなかったですが存在は知っていました。
そんなTPDが今年17年ぶりに復活。
新生東京パフォーマンスドールとして活躍中です。
私個人では知る由も無かったのですが
そう、伝説の幼馴染が教えてくれました。
ももクロを2009年頃に初めて紹介してくれた彼が。

ももクロ認知時期遅延症候群とでも名づけるべき
病にかかってしまった私は、彼からのTPDへのお誘いを
見過ごすことなど到底できませんでした。

ももクロ認知時期遅延症候群はかなりの難病でやっかいです。
ももクロを好きになればなるほど、比例して病状が深刻化します。
いまやももクロ無しでは、生きていくことが辛いとまで感じてしまっているので
この病魔は半端なく猛威をふるいます。

ももクロ活動初期に参加できなかったことは
後悔してもしきれないですが
こればかりはしかたないことです。
となれば未来へ向ってこの教訓を生かすしか
方法はありません。
そんな心境で出会ったのが新生TPDです。

モモクロとは全く性質の違うグループですが
パフォーマンス力は目を見張るものがあります。
とにかく楽しい
ステージが近く、手売り会もあり
メンバーとお話をする機会もあります。
凄く貴重な経験をさせて頂いていると感じています。
今年スタートしたグループですから
一緒に活動の場を広げていきたくなる
そんな夢を共有できるところも楽しいです。

ようは、モモクロでできなかったことを
満たしてくれているのでは?と言われれば
全否定はできません。

でも、素直に楽しめていることは
事実ですので、その点はとても
満足しています。

知らなければ知らないで済みますが
知ってしまって、楽しくて、情が移ってしまうと
厄介な世界であることを身をもって感じました。

これからエピソード4、5が年末へ向けて
予定されています。
まだまだ、間に合いますので
ご興味のある方は是非^^

最後に強調しておきます。
ももクロの興味が薄れたとか
他界するとか、ありえません。

ももいろクローバーZは愛して止まない存在です。

e0034272_21152326.jpg


http://tpd-web.com/
[PR]
# by bbsenshi | 2013-11-11 21:16 |
5月にUstreamで
ももクロ24時間テレビが放送されました。

5人のメンバーの内、フル出場できたのは
18歳以上の3人、終了間際のライブ会場への
移動時間を除き、20時間以上出演していた。
仮眠時間までサブカメラにて映されるという
プライバシーもなにも無い環境で
いつもと変わらない、そのままの素のももクロちゃん達が
そこに居ました。

印象的だった場面をいくつか思いかえすと
深夜の西武ドーム観戦が楽しかった。
彼女達は自分が主役のライブでありながら
まるでモノノフのように、無邪気に踊って歌って楽しんで
いました。
聞いた話によると多くのアーティストは自分が出演・出場したライブやドラマを
次の仕事への研究として以外で、楽しんで観る事はあまり無いらしい。
もちろん人それぞれではあると思いますが
確かに自分が仕事をしている様子を映像で観てもあまり楽しくないと言うのも納得できる。

しかし、ももクロは例外であたかも当事者でないように、他人事のように楽しんでいた。
その様は、取り繕った建前のものではなく、本心から楽しんでいる様子が伝わってきました。
ここにも、ももクロが大きな魅力を放つ要因があるように感じました。

つまり彼女達は自分が主役のももクロの一員でありながら、そんな自分達を
モノノフのように俯瞰した目線で観ることもでき、また、そのイベントを楽しむこと
もできる。自分達の立居地を出演者に固定せず、観客にさえなることができる
そんな、柔軟性と謙虚さと自由さが、さらに彼女達の人間性を引き立てているのだと
思う。
ももクロは芸能人から好かれると聞く、いつも精一杯の笑顔と誠意で人と接し
分け隔てなく応対できるからだろう。

まさに裏表がない、素でいられること
そんなももクロの素敵な一面を改めて感じる場面でした

e0034272_1104224.jpg

[PR]
オズフェス出場について

西武ドームで発表のあった異色イベントへの参戦
先の記事で述べたように
まさに、紛れも無いアウェイ戦。
後に川上Mが言っていたのを聞いて知りましたが
だいぶ前にオファーがあり、出場が決まっていたらしい。
さすが、息つく間もなく課題を用意する運営陣。
モノノフの不安と期待も最高潮になること間違い無しの
期待が膨らむイベントだった。

当日、私は参戦できませんでしたが、某まとめサイトの
コメント欄で間接的にその晴れ舞台に参加することができました
現場にいるモノノフからリアルタイムで報告が入り
ツイッターで川上Mの意気込み、煽りを目にし
現場にいなくても、肌に伝わってくる臨場感
本当に素晴らしかったです。

後にももクロchanで当日の様子を目にしましたが、
本当に輝いていました
言葉で表現するのは難しいく
全く場違いの出場者のように思われましたが
実際に登場すると凄く溶け込んで馴染んでみえる
違和感を感じるかは人それぞれだと思う、
でも、少なくとも私の目には現場の一体感が、はっきりと伝わってきました。
「今目の前にいるのがアイドルだ」夏菜子の煽りが神々しい
れにちゃんの炭酸飲料一気飲みからの黒い週末
最高の演出でした。
メタルやロックにはあまり詳しくないが、根底にあるものに
共通するものを感じます。

分け登る ふもとの道は 違えども 同じ高嶺の月を見るかな

アイドルはアイドルだけど
やっぱ、ももクロっていいよね

e0034272_16225952.jpg

[PR]
我らがリーダー、百田夏菜子
お誕生日おめでとう
10代最後の一年、さらなる活躍を期待しています。

e0034272_7244990.jpg


さて、通算7回目独占ももクノ60分が先日富士急ハイランドで行なわれました。
7月7日に7回目のももクノ、素敵な響きですね。
猛暑の中、充実したイベントが開催されたようです。
私は参戦できませんでしたが、上球maxxあり、MILKYWAYありと
ももクロの魅力を存分に楽しめる内容だったようです。
通常の戦闘モード全開のライブも、もちろん最高ですが
ももクノは派手な演出無し、ラフな衣装で、素のままのももクロを
前面に出す、モノノフとももクロの距離がぐっと縮まるイベントだと思います。
収容人数がマックス5000人規模なのは、イベントの趣旨を反映し配慮されているからだと
思われます。
私は残念ながら、まだ一度も参戦したことが無いですが
行ってみたいです。
そんな、ももクノの中でも、四国、香川県の音楽広場テアトロンで行なわれた
第4回がお気に入りです。
ももクロchanの映像で観ても、現場の開放間、一体感、ももクロちゃんの
輝きがとても良く伝わってきました。
通常のライブが戦闘モード全開なのに対して
ももクノは放課後、一緒に遊ぶような緩い感覚があります。
遊び心満載で、出演者も自由に空間を楽しんでいる様子が
モノノフとの距離を狭め、ますます、現場の空気を暖かいものに変化させます。
今後も是非続けて欲しいイベントです。
そして、地方公演も期待できるこも、大きな魅力だと思います。
[PR]
e0034272_22265119.jpg

先日のMTVイベントでサラバが振り付け賞に輝きました。
いまやももクロを代表する曲の一つですが
この曲は去年のももクロを語る上でも重要な位置づけにあると思います。

初のドラマ主題歌
ミュージックステーション初出場
紅白歌合戦初出場
いずれもサラバが歌われました。
それらの理由として
作曲家がビックネームであること
発表されたタイミングが西武ドーム成功後、躍進続ける2012年後半であること
振り付けがなんとも個性的で魅力的であること

この曲が選ばれる理由は枚挙に暇が無い

ももクロらしさをしっかりと根底に持ちつつ
新しい挑戦、心情、葛藤、勢い
さまざまな感情を感じられる
魅力的な歌であると思う。

また、歌詞からも
ももクロのものすごいスピードによる
成長をしっかりと踏み固め
未来へ向う決意や姿勢が感じられるのも
特徴的だと思う。

天使と悪魔
喜びと悲しみ
楽しさと苦しみ
このタイミングで陰と陽のバランスを
あえて示したように感じられました。

e0034272_22272420.jpg

[PR]
e0034272_2291130.jpg
より強大な敵を倒し
縦横無人に邁進する
まさにヒーロー的存在

より大きな、より困難な舞台に臆することなく挑戦し
そして、その場の観衆を魅了し、今まで無関心だった者だけでなく
好意を持ってなかった者までも味方にしてゆく
まさに、アニメのヒーローのような快進撃を見せつけてきた
これもまた、ももクロの大きな魅力の一つだと断言できる。

格闘技ではないので、勝ち負けが客観的に明確にされたわけではない
しかし観戦しているモノノフの目には、彼女達の姿は幼少のころ夢中になった
ヒーローと重なることがある。

ももクロは、サッカー用語でアウェイと表現される、あえて好意的なファンの居ない地へ
むしろ積極的に出陣する。

え!こんなところに出場するの?と耳を疑ってしまうような
戦地へ幾度と無く挑戦してきた。

アウェイでは張り詰めた空気が厳しい空間を醸し出し
彼女達の挑戦的かつ攻撃的なパフォーマンスが出現する。

そしてその華麗で魅力的な立居振舞に心を奪われ
多くの観衆は心奪われてしまう。

そんな様子を目にしたモノノフ達は、
ももクロ(君主)に仕えるモノノフ(武士)であることを誇りに思う
ライブでは士気が絶好調に達し、モノノフは最高の力を手に入れる。
その力は君主である彼女達にも共鳴しすばらしい相乗効果をもたらし
次の戦へのエネルギーとなる。

モノノフはライブへ行くことを参戦すると表現する。

常に挑戦し、失敗を恐れない大胆な演出
その勇気と強さを単なる「ライブ、コンサート」という言葉では表現しきれない。
まさに戦に参戦するという例えが相応しく思えてしまう。

8月4日には過去最高規模、6万人超の観客を見込む
日産スタジアムでのライブが予定されている。

6万人にも及ぶファンとももクロの共同舞台は
想像するだけでも心が躍る
まさに、ももクロ夏の陣・日産スタジアムの戦いとして歴史に残るイベントになる
であろうことを確信している。
[PR]